TRANSIT /  Magazine  / here
transit-cover.jpg

TRANSIT23号 美しき水と密林の奥 ―ベトナム・カンボジア・ラオス―

発売日:2013年12月16日
美しい水と森に育まれたインドシナの3つの国。そこにはどこか懐かしい風景が広がっていて、人を旅へ誘う。ベトナム南部のホーチミンでは、アオザイをさっそうと着こなし、太陽のような笑顔を見せる女性たちの虜に。ホーチミンからハノイまでを縦断した道行きでは、それぞれに異なる表情を見せる街を駆け抜け、さらに北部の山岳地帯では色鮮やかな民族衣装に身を包んだ人びとの宝ものをめぐる旅をした。インドシナ最後の桃源郷・ラオスでは、ルアンパバーンを拠点に旅をスタート。舟で川を遡った先では精霊に出会い、バイクで山道を疾走した道程ではまだ見ぬ故郷を探し求めた。そして、南へ下ったカンボジアで待っていたのは、アンコール・ワット、バイヨン、タ・プロームなどクメール人が創造した宇宙的建造物だった。

第2特集では、わたしたちが失いかけている生活の原風景を3ヵ国の暮らしのなかに探した。家族、時間、お金、遊び、先生、食事など日常のありふれたものを通して見えてくるのは、人と人のつながりや、自然との関わり合いなど、シンプルだけどかけがえのないもの。

小冊子では、隣り合っているのに対照的な姿を見せる2つの楽園へトリップ。極彩色の儀礼に彩られたバリ島と、動物たちが昼寝している素朴なビーチが広がるロンボク島の奥へ分け入った。現地で撮り下ろしたフォトストーリーに加えて、カルチャー案内、イラストマップも付いたディープガイド。特別付録には、カンボジアの至宝であるアンコール・ワットの勇壮な姿を浮かび上がらせた特大ポスター。

どれも国民の平均年齢が20代という3国。若さと希望に満ち溢れた国には、経済成長をめざしてどんどん変化していく側面と、昔ながらののどかな営みが残された一面がある。2つの異なる時間がせめぎ合う2013年のインドシナを通して見えてきた大切なもの――。

002.jpg 003.jpg 004.jpg 004.jpg 006.jpg 007.jpg 008.jpg 009.jpg 010.jpg 010.jpg

特集記事

  • サイゴンの華 ホーチミンの夢 ベトナム:ホーチミン/ブンタウ
    【写真:岡本隆史/文:森川幹人(TRANSIT)】
  • 愛と欲望のベトナム縦断 ベトナム:ホーチミン/ホイアン/フエ/ハノイ 他
    【写真:喜多村みか/文:中矢俊一郎】
  • 山の民の宝もの ベトナム:ハザン省
    【写真:安彦幸枝/文:池尾 優(TRANSIT)】
  • クメールの宇宙観 カンボジア:シェムリアップ 他
    【写真:谷口 京/文:加藤直徳(TRANSIT)】
  • メコン哀歌 ラオス:ルアンパバーン/ノーンキヤウ/ムアンゴイ/パークセー/シーパンドン
    【写真:在本彌生/文:兵藤育子】
  • 旅はバイクに跨がって ラオス:ルアンパバーン/ウドムサイ/ボーテン/ポンサーリー
    【写真・文:石塚元太良】

第2特集

  • わたしたちが失ったもの―アジアの純真2013―

【その他記事】

  • 美しき水と密林の奥
  • 写真家の視線、作家の視点
  • クメール人が見た夢
  • 米と麺を食べつくす!
  • インドシナの暮らし道具
  • ベトナム戦争のまとめ
  • Indochina Eccentric Times
  • インドシナのアイドルを探せ!etc…

特別付録

  • BOOK in BOOK:バリ島&ロンボク島ディープガイド
  • 特別付録:アンコール・ワット特大ポスター

人物

  • 川内倫子
  • 大森克己
  • 椎名 誠
  • 岸田 繁