東京の街は大きな台所。

昔からつづくお店も、新しいお店も、
今日もあの人が東京の味をつくってる。

東京の食を知ることで、この街を
楽しく温かく感じられるはず。

歩くたびに東京が好きになる、
食のガイドブックをつくりました。

野村友里(eatrip)

TRANSIT特別編集


Tokyo Eatrip

トーキョー・イートリップ


料理人・野村友里が
食の視点で東京を歩いたガイドブック

- 野村友里が案内するごはんやさんGUIDE/57軒
- 食+αで巡る東京街歩きMAP/14エリア・168スポット
- 保存版 日本の食文化を知るCOLUMN/寿司・蕎麦等

全ページ英語対訳付き


2018年3月9日発売

発売:講談社 発行:euphoria factory
価格:2950円(税抜き)
総ページ数:268ページ サイズ:A5変形
著者:野村友里 デザイン:平林奈緒美

本を購入する

歩くたびに東京が好きになる「東京の食の案内本」です。

東京で生まれ育ち、原宿にrestaurant eatripを構える野村友里。子どもの頃に通っていた思い出の洋菓子屋、買い付けで訪れた築地で立ち寄る和食屋、自分へのご褒美に季節ごとに訪れる馴染みの寿司屋、外国のシェフ仲間にも人気の街の洋食屋など、彼女が足繁く通うお店を一冊の本にまとめました。
野村さんの視点で語られる、渋谷、銀座、築地、浅草、六本木、三軒茶屋、西荻窪……東西南北の街の姿も表情豊か。この本を食の辞書のように持ち歩いて街に出れば、一段深く潜って、東京の食の世界に触れることができることでしょう。
東京に暮らす人も、地方の人も、海外の人も楽しめる、“東京を食の視点で歩く本”です。

本を購入する

野村友里

料理人

フードクリエイティブチーム〈eatrip〉主宰

長年おもてなし教室を開いていた母の影響で料理の道へ。母からゆずり受けた、日本の四 季折々を表す料理やしつらえ、客人をもてなす心をべースに、食を通じて人や場所、ものを繋げ、広げている。1998年に渡英。その後いくつかのレストランを経て、2010年には アメリカ・バークレーの〈Chez Panisse〉のキッチンで経験を積む。2011年には〈Chez Panisse〉のシェフたちと、生産者、料理人、消費者をつなぐ参加型イベント「OPEN Harvest」を開催。また日本のシェフたちとともに、その土地土地の風土や文化を、食を媒 介として身体に取り込む「Nomadic Kitchen」プロジェクトも行う。2012年、東京・原宿 に豊かな緑と光と風に恵まれた〈restaurant eatrip〉をオープン。主な活動に、ケータリンクグフードの演出、料理教室、雑誌連載、ラジオ番組のMC等。食のドキュメンタリー映 画『eatrip』(2009年公開)では監督を務め、著書に『eatlip gift』『春夏秋冬 おいしい手帖』(マガジンハウス)がある。

http://www.babajiji.com/ Yuri Nomura

出版記念イベント

2018年3月17日(土)


平松洋子さん×野村友里さんトークイベント

日時:
2018年3月17日(土)19:00〜21:00

場所:
銀座 蔦屋書店
東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6階
03-3575-7755

参加条件:
書籍購入者  or  イベント参加券購入者
先着50名

予約方法:
銀座 蔦屋書店の店頭もしくは電話にて受付

問い合わせ:
銀座 蔦屋書店

2018年3月25日(日)


平野紗季子さん×野村友里さんトークイベント

日時:
2018年3月25日(日)19:00〜21:00

場所:
TSUTAYA TOKYO ROPPONGI
東京都港区六本木6-11-1
03-5775-1515

参加条件:
書籍購入者  or  イベント参加券購入者
先着50名

予約方法:
TSUTAYA TOKYO ROPPONGIの店頭もしくは電話にて受付

問い合わせ:
TSUTAYA TOKYO ROPPONGI